に投稿

活動日誌をご愛読いただいたすべての皆様へ

江田五月の二男の江田 剛と申します。
五月の遺影と、これまで五月を支えてくださった元秘書の皆様からのメッセージを掲載させていただきます。
長年にわたり江田五月の絶大なご支援を賜り、誠にありがとうございました。

*******************************************************************************************************************

2021年7月28日、江田五月は80年の人生の幕を閉じました。
1996年10月末の岡山知事選挙敗戦からちょうど1年後の1997年11月にホームページ「江田五月 新たな出発」をスタートしました。
1998年に参議院議員に復帰し、2000年3月1日から最後に入院した2021年6月28日まで、実に21年3ヶ月28日、7,790日間にわたり活動日誌を書き記してきました。
ネット環境のない、東ティモールやモンゴルの山間部にいても、国際回線や携帯電話を駆使して一日も休まず発信し続けました。
この活動日誌には政治家・江田五月のみならず、人間・江田五月そのものが記録されています。
献身的にホームページを管理してくださった故・須藤立巳さんに改めて深謝申し上げます。
本日をもって江田五月ホームページの「活動日誌」は終了とします。
今後、このホームページで「お別れの会」等のお知らせをさせていただくこともあろうかと存じます。
これまでのご愛読に感謝いたしますとともに、皆様の益々のご発展を祈念申し上げます。
有難うございました。

江田五月歴代秘書一同

に投稿

6月25日、好天、アジサイ♯2

相変わらず梅雨の切れ目の好天で、夜中の雷鳴も驟雨もありませんでした。

若干の課題につき、法律事務所と電話連絡を取り合いましたが、その他には何もなく、夕方になって外を見ると、また違ったアジサイがきれいに咲いていました。

アジサイ♯2
に投稿

6月24日、好天、アジサイ

昨夜日付が変わる寸前に雷鳴が轟き土砂降りとなりましたが、今日は終日梅雨の切れ目の好天に戻りました。若干の電話連絡のほかはすることもなく、ゆっくり過ごしました。

庭を見ると、アジサイが実にきれいに満開の花を開いていました。いただいた枝を挿し木にしたら、元気に活着したものです。

庭のアジサイ
に投稿

6月23日、日鳥連評議員会

今日も相変わらず梅雨の切れ目の好天で、ゆっくり過ごしました。13時過ぎになり、公益財団法人日本鳥類保護連盟の定時評議員会に参加のためにパソコンを立ち上げたのですが、パソコンの不具合で慌てました。

しかし、定刻を5分ほど過ぎただけで無事につながり、名取専務理事の発言で開会し、私が会長挨拶を行いました。出席の7人の評議員が全員オンライン参加で、順調に議案の説明と活発な意見交換があり、すべての議案が異議なく了承され、15時20分頃に閉会となりました。

会長挨拶

 

その後はゆっくり電話連絡などで過ごしました。

に投稿

6月22日、電話連絡等、庭の花

今日も梅雨の切れ目の晴れでした。午前中は立憲民主党県連関係や日本鳥類保護連盟関係の電話連絡や協議が相次ぎ、午後からも若干の電話連絡に追われました。

庭を見てみると、季節は確かに進んでおり、ノーゼンカズラが大きな花を付けていました。

庭のノーゼンカズラ
に投稿

6月21日、夏至、中尾さん

梅雨の切れ目の晴天が続いた夏至でした。寝室を二階から一階に移し、9時過ぎに起床して居間に移りうつり、午前中はあれこれ電話連絡をしましたが、午後からは特にすることもなく、テレビを見ながらのんびり過ごしてしまいました。

長く支援活動に関わってきたハンセン病関係で、長島愛生園の中尾伸治さんが登場しました。知り合った当初は最も若い青年の一人でした。

中尾伸治さん
に投稿

6月20日、日曜討論、誕生日&父の日

朝9時から起き、テレビの前で日曜討論を見ました。

日曜討論

梅雨の晴れ間の好天気で、妻の誕生日で私の「父の日」で、こともたちから次々とお祝いメッセージが届きました。結局することもなく、サザエさんを見るなど終日のんびりと過ごしました。

サザエさん